ブルゾンちえみさんのホロスコープ2

昨日は時間が足りなかったので、もう少しちえみさんのホロスコープを観てみたいと思いました。

外から見て、もっともちえみさんらしさを表しているのはMcと合している乙女座7度の水星である、という風に書きましたけれども、彼女の進行の太陽が、ちょうどその度数にあることに、今更ですが気づきました。

この乙女座7度のサビアンシンボルは「ハーレム」です。
そして、ちえみさんの進行太陽がこの度数に至ったのは、ちょうど昨年の暮れである2016年12月26日であるわけで、彼女のブレークはその直後の2017年の1月辺りからのようですので、この度数に進行太陽が移行したことの意味合いがとても強かったのではないかとも考えられます。

皆さんにおかれましても、ご自身の出生図の中で、とりわけ活用され、ご本人のキャラクターを強く表している天体があり、そこに進行の太陽が乗っかる時期というのは、その方にとって弾けることができる可能性のある時期となるのではないか、ということが言えるのかも知れませんね。

しかし、自分のホロスコープで見る限り、同様のブレークポイントというのは訪れる機会はなさそうです。強いて言えば、2年後に出生火星と進行太陽がオポジションになるくらいでしょうか。

さて、ちえみさんの方に話を戻しますと、彼女の進行太陽がこの度数にあるのは、次の年明けくらいまでで、ちょうど後一か月ほどで次の乙女座8度に移行されます。

(VIRGO 8 °): A FIVE-YEAR-OLD CHILD TAKES A FIRST DANCING LESSON.
(私訳):はじめてのダンスレッスンを受ける5歳児。

7度という奇数の年に大いに弾けられたので、次の8度の偶数の年には、少し充電や吸収といったことにも関心を向けられるとよいのではないか、と感じられます。

サビアンシンボルの内容も、学びと吸収の時であることを暗示していますけれども、学ぶことの内容については、やはり乙女座らしさを表現する何かということで、ご本人の気の向くことでよいのではないかと思います。
シンボルにあるように文字通りダンスレッスンを基礎から本格的に学ぶということも、将来的に舞台や演劇での活動などの可能性を広げることにつながるものかも知れません。

彼女の進行太陽は今後も20数年間乙女座にありますが、出生図でも水星が本来の定位置で最大限の力を発揮しながらMcと合していることから、やはりこの水星を活かすことが職業上の大きなテーマとして在り続けるのかも知れません。

そういえば、月のサビアンシンボルをまだ見ていませんでした。月はご本人の仰っている出生時間が正確であるとすれば、山羊座2度ということになります。

(CAPRICORN 2 °): THREE ROSE WINDOWS IN A GOTHIC CHURCH, ONE DAMAGED BY WAR.
(私訳):ゴシック建築の教会の三つのローズウインドウのひとつが戦争で損なわれている。

この2度のサビアンシンボルというのは、比較的読みにくいものが多いように感じますけれども、環境の中で物事を察知したり視る力のようなものと関連したものが多いように感じます。

現実を直視しながら、そこに感情的要素を交えない冷徹さがある、というようにわたしには感じられます。

地のサインは何らかの意味で現実的な要素が濃いと感じられますし、乙女座の水星が強いちえみさんにとっては、この月の持つ物事に動じることなく冷静に観察できる受動的性質が、乙女座の水星の神経質な批判心というものとリンクしていきやすいだろうというように感じられます。

アスペクトを確認すると、月と水星がトラインですから、余計そのような形で月の受動性が水星を通して、感じられた物事が言葉を通じて批判的な形で表現される、というようなパターンが濃くなるでしょう。

この月は、天王星と合していますので、月の性質と合わせて判断しますと、状況に対して極めて冷静に臨機応変な形で対応できる能力があるように思われます。
天王星と水星の間のトラインはタイトですので、水星の表現力に新奇でユニークな色付けがなされることになるでしょう。

月関連としましては、出生の月に間もなく経過の土星が乗ってきますね。ちょうど元日くらいに正確な合となるようです。

進行の月もちょうど山羊座の3度にいて出生の月と重なったばかりですけれども、経過の土星の通過によって、どのようなことが予想されるでしょうか。

何らかの意味でご自分を見直すような時期である、ということではあるのだと思いますけれども、直接仕事上のというよりはやはりプライベートの部分や、人間としてのご自分の性格や在り方など、ということになろうかと思います。
身を固めることの意志を持つ、というような可能性もなくはないのかなと感じます。

まだまだ観たいところはたくさんあり、今後も引き続き何らかの形でご活躍はされていくだろうように見受けられます。
また、機会があったら書いてみることにしたいと思います。

http://harvest-moon.net/2017/12/06/blouson-chiemi/

Follow me!

ブルゾンちえみさんのホロスコープ2” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です