セプタイルについて2 ~紀子妃殿下~

昨日は、わたしと偶然にも同じ海王星と火星のセプタイルをお持ちであった秋篠宮殿下につきまして、比較参照しながら少し書いてみました

セプタイルは1度未満のオーブでしか成立しませんので、さほど多いものではなく、特にプライベートな惑星が関与するケースはそう多くもないでしょう

セプタイルは非常にクセの強いと感じられる配置ですので、これが過剰にあると、性格にかなりの特徴やクセが生じて来ることが予想されるところです

しかし、紀子妃殿下におかれましては、木星との間に太陽と水星、そして冥王星と3つのセプタイルをお持ちになられておいでです

そもそも乙女座に5つの天体が密集して合している状態からも、かなり性質に特徴の出やすいと感じられるところがありますけれども、8分割に関わるセミスクエアも月との間に太陽、水星、冥王星、天王星と4つもあります

加えまして円周の6分割に関わるセクスタイルが海王星との間にオーブ2度以内で太陽、水星、天王星、冥王星の4つあります

これらすべてに太陽が関わっていますので、かなり性格のユニークさとして表れてくることになるだろうと思われます

まずは乙女座で天体が密集しているステリウムですけれども、その中心には太陽があり、太陽はホロスコープの一番底のIC付近にあります

乙女座が効いている方は、如何にも看護師さんらしい看護師さんとか、良妻賢母の典型的なイメージなどになりますけれども、神経が細やかで馬鹿が着くような所謂天然系の生真面目さも持ち合わせている雰囲気があろうかと思われます

太陽と冥王星は乙女座の19度にあり、そのサビアン・シンボルは「(VIRGO 19 °): A SWIMMING RACE.(私訳):水泳競技」となります

これは9関連の数字であり、タロットであれば9番の隠者か19番の太陽が該当しています

参考として他の柔軟の19度をすべて並べると次のようになります

双子座19度:「大量の古代の巻物が、伝統的な知恵を開示する。」
射手座19度:「人間の振る舞いにより驚異に晒されることをよしとせず、ペリカンは自分たちの子供らが安全に育てられる場所を探す。」
魚座19度:「弟子に指図をする師匠。」

双子座と魚座においては9番の隠者が示す叡智との関連性があり、射手座では19番太陽が示す明るい未来への再出発と同様の内容が示されています

9というのは一桁で最大の数字であり、それ以上先へ進めなくなった場合に感じる一種の危機感に対して、内なる叡智に従いながら前へ進んで再起を図るのです

では、乙女座19度の「水泳競技」とは何を表すでしょうか
乙女座というのは実地の物事に没頭する中で経験的な知を得ます
水泳競技というのは、何らかの危機や障害を乗り越えるに際して、遮二無二頑張って前に進むことに集中することによって状況の打開を図ろうとするのだと感じます

水泳競技というのは、景色を見たり物を考えるようなゆとりの一切ないような状況下で、フルに自分の役割や活動に専念できる集中性の高い性質を表しているでしょう

そのような太陽が冥王星とともにこの度数にある時、如何なる困難をも持ち前の生真面目な努力心で突破していける極めて強い心を表すことになるでしょう
また、1度差でコンジャクションしている天王星も、その際に打開のための閃きやアイデアを豊富にもたらしてくれる筈です

基本的な知性を表す水星については、太陽、冥王星、天王星の中に埋没して、それ単独の働きというのはあまりよく見えないことになるだろうと思われます
口を出ことよりも手を出すことの方を率先してなされるのではないでしょうか

何れにしましても妃殿下は、極めて繊細でありつつ極度に神経質なところもお持ちなように見受けられます
基本的に物事に対する許容度は狭く、神経質にキィーとなりやすいところがおありではないかと思いますけれども、あくまでも女性らしさの現れという感じになるでしょう

とても女性らしさが極まっていながら、何があっても大丈夫な強固な運に守られている感じがします

それでは、それらのステリウムとの数多くのマイナー・アスペクトに注目して読んでみます

海王星との間には4つのセクスタイルがあり、海王星の度数はわたしと同じ蠍座20度です
非常に感の良い方で、インスピレーションが強く働く方に違いありません

セクスタイルは円周の6分割ですので、調和や美ということが、海王星の表す潜在領域からの働きで常に無意識的に意識されていることになるでしょう
美的センスや音楽などの芸術や宗教性との相性もいいということになり、皇室にはとても似つかわしいと感じられるイメージの配置です

続いて、木星との間の3つのセプタイルですけれども、この木星は蟹座の28度にあります

(CANCER 28 °): AN INDIAN GIRL INTRODUCES HER WHITE LOVER TO HER ASSEMBLED TRIBE.
(私訳):インディアンの少女が集まった部族の者たちに白人の恋人を紹介する。

蟹座の特性が極まった状態にあるのが28度であり、どんな相手でも自分の家族として接することのできる資質がおありでしょう

これは福祉に限らず、様々なご公務で国民などと接する際に、大変に力を発揮しそうです

この木星がセプタイルで太陽や水星と結びついているということは、特にご自分のご主人やお子様達に対する、母や妻としてのつながり意識が強固で決して途切れることがなく、どこまでも相手の世話をとことん、しつこいくらいまでなさろうとするだろうと感じられます

7分割に関わるセプタイルは、飽くことなき理想の実現を志向しますけれども、押しつけの強さはそんなに強くはないかも知れません
子どものように純真な気持ちでいつまでも飽きが来ないといった風に感じられると思います

最後に、これまでわたしのブログで取り上げる機会の多かった、8分割に関わるセミスクエアについてです

獅子座4度の月が太陽と水星、冥王星と天王星に結びついています

太陽と月のセミスクエアにつきましては、皇太子殿下もお持ちの配置であり、先日ご夫婦関係に当て嵌めて読ませていただいたところです

まずは月の性質を見てみなくてはなりませんけれども、獅子座4度にあります

(LEO 4 °): A FORMALLY DRESSED ELDERLY MAN STANDS NEAR TROPHIES HE BROUGHT BACK FROM A HUNTING EXPEDITION.
(私訳):狩りの遠征から戻った正装の年老いた男が、仕留めた獲物らの傍らに立っている。

わたしの出生太陽のある水瓶座4度に対向する度数です

極めて自己肯定力の強いであり、自らに強いプライドをお持ちの面があるとお見受けします

紀子妃殿下のホロスコープは、乙女座的な楚々とした貞淑な女性らしさという表面的な部分とは裏腹に、どこをとっても極めてテンションが高いというか、常人離れした強さをお持ちである雰囲気が感じられます

極めて善良で家庭的な面をお持ちですけれども、乙女座的な神経質さと相俟って、時には極めて厳しくてキツいような印象を持たれることもあるかも知れません

妃殿下は女帝になってもおかしくないくらいの強大な強さと運とを持ち合わせている、というようにも感じられます

セミスクエアに戻りますけれども、月と太陽の夫婦関係として見ますと、その絆は極めて強いでしょう

特に妃殿下にとって夫という存在は極めて大切なものと感じられているに違いありません

全体的に家族に対する奉仕性や挺身的な態度が強いように感じられますけれども、そのことが妻として、また、母親としてのご自身のプライドをいたく満足させているのだ、ということが言えるでしょう

妃殿下としては家族を大事に、物事の中心としてお考えになっていますけれども、それらのことは妃殿下の存在価値を高める形ですべてご自身に返って来る結果になっているということです

ホロスコープの中で唯一上半球にある土星は天頂近くにあり魚座27度にあり、皇室や国を敬う尊いお気持ちがお強い方のように感じ取れます

以上のように、ざっと紀子妃殿下につきまして、マイナーアスペクトを中心に見たところですけれども、全体の印象としましては、皇室に嫁ぐべくして嫁ぎ、お世継ぎの母となるべくそうなられた、という感じがとても強く感じられます

美智子皇后陛下がご隠居の後は、美智子妃殿下が担っておられたご公務の大半は紀子妃殿下が負うことになられるでしょう

皇室を陰で支えられるお力としては、美智子妃殿下と比しても遜色のないほどの資質を生来お持ちの方であるように感じられ、お世継ぎをお産みになられたご功績を考えましても、将来的には御皇室の中で中心的な存在となられるべく運命づけられている方であり、また、そのような方として決して間違いのない方であるように感じられました

 

セプタイルについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です