珈琲の自家焙煎に使っている手網について(^o^)

自分が最近始めた珈琲の自家焙煎に使用している手網のご紹介です。

ビギナーがチャレンジするにはもってこいのお手頃価格ですが、合わせた網の隙間から豆が飛び出すようなことは一切なく、豆を十分に攪拌させることのできる面積があるのではないかと思います。

最近、福津のイオンモール1Fにある、ヴィレッジヴァンガードが経営に絡んでいる「HOME COMING」という店舗でも、上のものより更に小ぶりな手網と、小分けされた数種類の豆がセットになったものがビギナー向けに売られていましたが、小さい網だと炎からの熱域にはすっぽり収まりそうですが、十分に振って攪拌させられるのかな、というあたりがちょっと疑問に思えたりしました。

ちなみに、もう少し値段を上げると次のような手網もあるようです。試してみたい気もしますが、性能的にはさほどの違いはないかも知れませんね。

珈琲の自家焙煎は、ちょっとしたブームになってきているのかも知れませんので、皆さんも是非、気軽な気持ちでチャレンジされてみたらよいのではないかと思います。

私は最初のトライアルの生豆も、Amazonで同時に入手しましたが、5種類の豆が手頃な分量に小分けされているので、ビギナーにはとても安心でお得感のあるセットではないかと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です