皇太子殿下の魚座4度の太陽

昨日は、太陽が魚座4度にあったため、その位置にある自分の出生土星の意味などを少しく考察し直してみたところです

そして、今日は皇太子殿下のお誕生日でありますけれども、殿下はこの魚座4度に出生の太陽をお持ちになられておいでです

では、同じ度数にあるわたしの出生土星と、同じ度数にある殿下の出生太陽とでは、意味合いにおいてどのような相違や共通性が見出されるのでしょうか

殿下の出生太陽には、オポジションの冥王星とトラインの海王星、そしてセクスタイルの木星にセミセクスタイルの金星にセミスクエアの月と、非常に多くの天体との間でアスペクトが形成されています

この中でもわたしが最も気になりますのは、眞子様の時にも注目をさせていただいた45度のセミスクエアのアスペクトが月との間に形成されている点です

この出生の太陽と月の間のセミスクエアはオーブ1度未満であるとともに、もっとも主要な二つの天体同士の間で形成されるアスペクトですので、主として心理面においてですけれども、極めて強力に作用することになると考えられます

セミスクエアは円周360度を8分割した45度のアスペクトであり、8の数霊の作用を持っています

眞子様の例におきましては、出生太陽に45度で捕らわれた状態にある金星が、その反動から禁じられた恋に走りやすい、というようなことを申しました

殿下の太陽は魚座4度という、この世的には非常に閉塞感に満ちた状態の中で霊的な自身の本来性に目覚める性質をお持ちであることを考慮した上で、この月との間の45度のアスペクトの意味するところを考えてみたいと思います

言うまでもなく太陽は夫としての殿下を、月は妻である雅子妃殿下を表しています

ご夫婦としての両殿下は、セミスクエアによって心理的に極めてシビアで緊迫した雰囲気が潜む関係性にあるということが言え、殿下にとっての妃殿下は、決して手を出してはいけない果実であったとともに、常に目の上のたんこぶとなり、一々足手まといな存在となってくるようなことが天体の配置からは予想されます

しかし、魚座4度の太陽には、むしろそうした状態の方が好ましいというような側面があるという点こそ、踏まえるべき要点と考えられます

45度のセミスクエアによって極めて高い精神的緊張状態に置かれ、手足を縛られたように身動きのとれない状態に置かれていることが、むしろ魚座4度の太陽に真の霊的覚醒をもたらせるのに必要な好条件を与える可能性があると考えるべきではないかと感じられるのです

また、対向するオポジションの位置にある冥王星は、オーブが1度以上ありますけれども、この太陽に対して非常に強いプレッシャーをもたらしている筈です

冥王星の位置する乙女座5度のサビアン・シンボルはルディア版では次のようなものです
(VIRGO 5 °): A MAN BECOMING AWARE OF NATURE SPIRITS AND NORMALLY UNSEEN SPIRITUAL AGENCIES.
(私訳):精霊と自然の力を感じ始めている男。

この乙女座5度は、個の確立に先立って、まったき自己信頼を持つことの必要性というものが示されていますが、魚座の対極にあって現実的な乙女座であっても、その核心部分においては、対極的な性質である霊的自己に基づいた無条件的な自己への信頼感を足がかりとしなければ、前へ進むための力は得られないのだということが暗に表されていると感じます

この乙女座5度にある冥王星は、魚座4度にある太陽に対して、霊的な自己覚醒を強く促すことになる筈ですし、その環境要件として、この世的に身動きがとれない雁字搦めの自縄自縛状態というものが必要とされてくる、ということのように思われます

また、ホロスコープ上に線はありませんけれども、冥王星と月の間には、オーブを2度強まで許容するとすれば、45度と同様に円周の8分割に関わる135度のセスキコードレイトの関係性が浮上します

通常、45度や135度のマイナーアスペクトの許容範囲としては2度以内としますけれども、このようにオポジションとセミスクエアとセスキコードレイトで3角形が形成されるような場合には、わたしは影響力を発揮するものとして採用したい考えを持っています

そうすると、この三角形は魚座4度の太陽が、絶対に妻としてはならないような者を運命の力が強制的に娶らせ、そのことによって究極的に追い詰められるような状態に至ることで、真の霊的覚醒へ至る道へと追い立てられることが仕組まれている、というような構図として感じられるのです

天皇というお立場が、民族や国家の象徴であるとともに日本の祭主であることを考えます時、この魚座4度の太陽というのは、非常にしっくりくる部分がある度数であるように感じられるところではないでしょうか

また、この魚座4度の太陽に対して海王星がややオーブは広いもののトラインを形成していたり、木星もセクスタイルを形成しているなど、覚醒に際して霊的な恩恵にも預かりやすいようにも感じられるところであり、わたし自身が魚座4度に土星を持っておりますので、同じ度数に太陽を持たれる殿下の今後には、個人的に大いに注目をしていきたいと思うところです

眞子様の禁じられた叶わぬ恋

魚座を考える2

 

皇太子殿下の魚座4度の太陽” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です