アーシングの大切さ ~電磁波による帯電被害の緩和~

しばらく雨が多かったこともあるのですが、実は中足骨骨頭痛(ちゅうそくこつ・こつとうつう)と言って、足の指の付け根の部分を痛めていたので、今日は半月降りくらいにビーチを裸足で歩いてきました

普段ですと週に2,3日は浜辺を素足で小一時間から一時間半ほど歩くのですが、砂浜には潮が引いた後、砂が硬くしまってコンクリートのように固いところもあり、そうしたところを頻繁に長時間素足で歩いていたために、中足部を痛めてしまっていたのでした

裸足で松林や砂浜を歩くようになったのは昨年の11月か12月くらいであったと思いますが、最近は土踏まずがとても発達して綺麗なアーチが出来てきて喜んでいたところなのですが、やはり靴の生活が長かったために、裸足で歩きすぎると痛めてしまうようなこともありますので注意が必要ですね

どうして中足部分が痛んだかと言うと、足の裏には土踏まずのところ以外にも土踏まずの反対側の端と、足の親指から小指に掛けて横方向にもカマボコ型にアーチが本来はあるらしく、その3つのアーチで体重を上手くクッションして支える構造なのだそうです

そして、横のカマボコ型のアーチの形が崩れていると中足骨骨頭痛になりやすいとのことでした
この中足骨骨頭痛というのは、女性ですとハイヒールを履いていると痛んでくる部分ということです

わたしは最近、朝の起きがけに足の指をグー、パーと動かすことを習慣にしていたのですが、中足を痛めてからはより意識的に足の指のグー、パーの運動を行うようにしていました

そうしますと、以前よりも足の指の間に間隔が開いてくるとともに、親指と小指に強く力が入れられるようになってきたのですが、今日裸足で歩いてみた感じでは、以前よりも素足での歩行が楽にできる感じになりました

この裸足でビーチなどを歩くことをし始めてから、足の裏が発達してくるとともに、本来の人間の歩き方に自然に近づいていきますので、長く歩いた場合の膝や腰への負担というものが、物凄く軽減されてきたと感じています

重力に逆らって体重を支えることは、身体にとって重労働であり、正しい歩き方や重心の位置が守られていない場合、何十年と先にいって足腰に蓄積する歪みや負担というものには、相当な違いが出てくるものと考えられます

わたしは最後まで人の世話になったり厄介をかけるようなことはなるべく避けたいと思いますので、無理のない範囲で、これからもこの屋外での裸足歩行を続けて行こうと考えています

 

そして、裸足で屋外を歩くことには、もう一つ非常に重要な目的があることに新たに気がつきました

わたしは密閉性の高い集合住宅の屋内でパソコン作業をしていることが多いのですが、机の下の足下の膝のすぐ隣にPCの本体が置いてあり、液晶画面も23インチ強のものを使用しています

そうしますと、PCや液晶画面からの電磁波により身体がひどく帯電する結果となり、密室に籠もっている時間が長いことからそれが放出できないで蓄積していく一方となりますので、身体が電磁波障害で非常にキツくなってくるのです

以前買った電磁波測定器が故障してしまったので測定できませんが、車に長時間乗った際の数倍の疲労を、数時間のパソコン作業の後に覚えます

それは全身の神経がガタガタになってしまったかのような虚脱感で、最近、自律神経の調子が良くないことの主な原因のひとつは間違いなくこの密室に籠もりがちでPC作業を行うことにありました

何せそれまでは2,3日おきには行っていたビーチに、今日は半月降りに行きましたので、素足を波に晒しながら砂浜を歩いていると、電磁波の影響で帯電しまくっていた身体から、静電気が抜けていき身体が軽やかになっていくことが、普段に増して強く感じられたように思われました

電子機器や電車や自動車など、我々は生活の中で電磁波に囲まれた環境下において恐ろしいレベルで帯電し、その結果神経の調子を乱して精神的安定を欠いたり良質の睡眠を得られなかったりしています

ですから、なるべく機会を見つけてアーシングをすることを習慣づけることが必要なようです

一番手軽なのはお風呂に浸かることのようで、湯に岩塩などの塩分を足すとより効果的であるとのことです

PCの前に坐っているのが辛いので、更に対策としてできることはないかと調べたのですが、電磁波障害の予防のためには、きちんとアースをしておくことが必要とありました

下の写真のように、実はアースをずっとほったらかしにしていたのですが(^^;)
PCの電源を取っているコンセントには、ちゃんとアース用の配電がありましたので、夜中の2時過ぎに早速取り付けたところです

家庭のこのようなアースは、手抜きできちんとアースとして配線されていないことも結構あるのだとか聞きますが、アースして一時間くらい経っていますけれども、PC前にいても今までより心身が非常に軽やかに感じられていますので、恐らくウチのはきちんとアースされているように感じられます

 

調べますと、アーシングマットという帯電した身体からアースで放電できるものが市販されているようですが、足の下に金網などの伝導体を置いて、それとコンセントのアースに電線でつなぐだけで同様の効果が得られるとのことですので、今度早速試してみたいように思います

このところ、PC作業による健康被害が深刻度を増していましたので、もっと電磁波対策とアーシングに意識を向けてみようと思った次第です

アーシングの大切さ ~電磁波による帯電被害の緩和~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です