四大による浄化 & 薬王寺の蛍

今日も日没まで砂浜を素足で歩きました

足の指を意識的によくグー・パーと動かすようにしてから、素足で砂浜を長時間歩くのがだいぶ楽になって疲れなくなり、前足骨骨頭痛も出ないようになりました

アーシングを兼ねて素足で砂浜や地面を歩こうとされる方は、まずこの足の指の運動をよくして、靴で縮こまって萎縮してしまっている足の指の筋肉をよく鍛えてから歩かれるようにすれば、足の故障の予防になろうかと思いますのでお勧めしたいと思います

家では常時アース線と自分の身体をつないでアースしているので、電磁波の影響が最低限度に抑えられるようになり、肌も髪の毛も本当に艶々としてきました

内蔵や血管や神経なども同様に修復されて良好な状態となっているに違いありません
これだけの健康が段ボールとアルミホイルと電線を利用するだけで、ほとんどお金を掛けずに簡単に得られるのですから、これは本当にやらないと損という感じがします

けれども、室内で行っているアースは単に物理的に地中と電線でつながっているだけであり、身体はともかくとして、精神まで浄化してくれる力は持たないでしょう

ですから、わたしはなるべく家でアーシングしながら、心も空に近づけることを意識しようと心掛けています

一方で砂浜などでは、太陽、砂浜、新鮮な空気、海水など、要するに「火・地・風・水」の四大すべてからのエネルギーを同時に受け取りながら、身体のみならず精神をも強力に浄化されて完全にリフレッシュされると感じられます

凌ぎやすい季節になりましたので、浜辺では薄着にして裾も捲り上げて素足となり、太陽の日差しと海水と砂浜に思う存分触れ合いつつ、ヨガのプラナヤマ法という深呼吸をしながらサン・ゲイジングも行います

このようにして四大すべてが揃った環境の中で受けるリフレッシュメントは、あらゆる健康法に勝る万能の快復力を心身にわたって与えてくれることを実感しています

この四大はタロットで言えばスート、西洋占星術で言えばエレメントと言う言い方をしますけれども、要するに万物すべてを構成する元素であり、シュタイナーは人間のタイプを胆汁質=火・憂鬱質=地・多血質=風・粘液質=水というように分類しましたし、ユングもタイプ論において人間の心理機能を直感=火・感覚=地・思考=風・感情=水、というように分類しました

タロットやホロスコープを人生において積極的に活用するに際しても、煎じ詰めればこの四大によって表される精神・心理機能の各要素を発達させるとともに、それらを状況に合わせて上手くコントロールするための精神力・意志力を培って行くことにかかっていると言ってもよいのではないでしょうか

人生上のすべての事象は、すべてこの四大が基礎となり、それに神の言葉である数霊が掛け合わさって成り立っている訳であり、この四大に触れ四大の恵みに感謝する時、人は自分自身が創造された瞬間に再び立ち会っているのだと言ってもよく、健康も運も源泉はそこにあるに他ならないのではないかと感じます

ビーチでアーシング&サン・ゲイジング&ディープ・ブリーシングを楽しんだ後、いつも水汲みに行っている近くの薬王寺温泉に水汲みに行きました

帰りがけに温泉の前の小川のあたりにちらほらと灯りが見えたので、もしやと思うとやはり蛍でした

少し早いような気もしましたけれども、よく考えてみればもう5月も下旬なわけであり、蛍も舞い飛ぶ時期になった訳ですね

実はこの薬王寺温泉は、自分の出生図を地図に重ねた時にちょうどAscの辺りにあり、そこは生まれた時の東の地平線に当たりますので、生命の源の一つである水を汲むには、うってつけのポイントなのではないかと感じています

ちなみに、いつもサン・ゲイジングをする場所は出生図でいうとIC付近で自分の出生太陽がある場所だったりします

自分の出生太陽のある方角でいつも太陽を拝んでいるというのも面白いなと感じますけれども、よく行く場所や自分にとって大切な場所というのは、そういう風に知らないうちに出生図とリンクが感じられたりして大変面白いと感じるところです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です