蟹座とポピュリズム~参院選挙結果と来年の重大な天体イベントとの関連性

先月行われた参議院選挙におきましては、来年の重大な天体イベント群とそれ以降に生まれる新たな時代潮流と、密接にリンクしていると感じられる流れがありました

まず先立ちまして、2020年にどのようなイベントがあるのかということのおさらいを簡潔に記しておきましょう

1.2020年を中心に冥王星、土星、木星が同時に山羊座にイングレスし、木星と土星が冥王星との合を繰り返す

2.最後に2020年12月に生じるグレート・コンジャクションにより地球は200年間続く風の時代に本格的に突入する
※木星と土星の合であるグレートコンジャクションは約20年周期で起こるが、約200年間は火地風水の各エレメントの同一エレメント内で生じ、次回のコンジャクションによってエレメントが200年ぶりに地から風へと本格的にシフトし、地から風の時代に突入することになる。
①2020年1月13日 冥王星 土星 合 山羊座23度
②2020年4月5日 冥王星 木星 合 山羊座25度
③2020年6月30日 冥王星 木星 合 山羊座25度
④2020年11月13日 冥王星 木星 合 山羊座23度
⑤2020年12月22日 土星 木星 合 水瓶座1度 (グレート・コンジャクション)

2020年は200年間続いてきた地の時代の総決算として、地のサインである山羊座に時代変革に関わる惑星群が集合します

この地から風の時代へのシフトに際しましては、極めて大きなショックを伴う社会変革が起こるものと予想されるところであり、そうした流れは既に一昨年前の冬至を契機として色濃くなり、徐々にその度合いを増してきていると感じられます

以下2017年冬至図(12/22) 土星の山羊座イングレスより引用

さて、今年の冬至図ですけれども、まずは、その前日に土星が本来の星座である山羊座にイングレスするということ、そして、冬至の瞬間において、山羊座の1度で非常にタイトに太陽と合するという点にどうしても関心が向かうことになります。

これは、国民の意識内容に強烈なインパクトを与えような出来事を引きおこすことが必至となるのではないか、と感じます。

山羊座1度のサビアンは次のようなものです。
(CAPRICORN 1 °): AN INDIAN CHIEF CLAIMS POWER FROM THE ASSEMBLED TRIBE.
(私訳):インディアンの酋長が種族の集まりで権力を主張する。

3室がメディアや情報関係を表すとすれば、国内の報道機関は強烈に保守的な方向に傾斜することになり、これまで、戦後に一貫して反日的立場を貫いて来たマスメディアの姿勢が、決定的に方向転換を迫られるような場面が出てくることが考えられます。

そして、冥王星が同じく山羊座で3室に入っていることから、そうした流れは強力に推し進められることになるかも知れません。

また、個人的には1室の木星が、太陽と合した土星と極めてタイトにセミスクエアを形成しているところに注目したいと思います。

山羊座の1度にいる土星というのは、これ以上ないと言うほどに本来の土星的な性質を最大限に発揮しますが、45度というのは360度の8分の一であり、8の数霊の働きが出ますので、木星に対してそのような土星が強力な強制力を発揮することになるだろう、と感じます。

木星と土星というのは、本来ペアで働くのですけれども、この配置においては、木星は完全に土星が持つ目的意識に従属させられる形で働かされることになるように感じます。

1室にいる木星とは、国の法律であったり、国民への教育ということを表すと考えれば、極端な保守的傾向を帯びた形での教育と立法が強く促されるであろうことが考えられます。
改憲論に拍車が掛かり、自衛隊が国防軍として憲法上に明記されることとなり、場合によっては交戦権の放棄にも見直しが加えられてもおかしくないように感じられます。

この2017年の冬至図は、冬至と土星の山羊座イングレスとが重なっており、その後も長期的に影響力を発揮するものではないかと予想していたところです

さて、この数年において、冥王星と土星が入座している山羊座が大変強調されているわけですけれども、山羊座が強調されるということは、同時にその正反対にある蟹座も同様に強調されてくるということになると考えられます

そして、今年から来年にかけては半年毎に交互に山羊座と蟹座にて日食が生じています

2019年 1月 6日 山羊座16度 部分日食
2019年 7月 3日 蟹 座11度 皆既日食
2019年12月26日 山羊座 5度 金環日食
2020年 6月21日 蟹 座 1度 金環日食

山羊座のパワーが集合されて引き起こされる、新しい風の時代に向かうために必要な変革には、対向する蟹座も深く関与していることになる筈です

今回の参議院選挙は、7月3日の蟹座11度で生じた皆既日食の翌日が公示日となり、投票日まですべて太陽が蟹座にある期間に行われました

そして、今回の選挙結果においては、ポピュリズムと評される政党の躍進、台頭が目立つ結果となりました

ここでポピュリズムと蟹座との関連性について記しておかなければなりませんけれども、まず、ポピュリズムと言いますのは、ある程度の幅を持ち様々な意味合いで用いられる言葉でありますけれども、何れにしましても、一般民衆の意見や要望が直接的な形で反映された形での政治集団とでも呼べばいいのでしょうか

ポピュリズムというのは一般大衆が、体制やそれを支持する既得権者やエリート集団などに真っ向から対立する趣のものでしょう

占星学におきましては、月を支配星とする蟹座と言いますのは、一般大衆を象徴していますし、社会体制に対する家族または家族的集団などを表しています

要するに、今回の選挙結果には、山羊座での天体イベントを経て新しい風の時代へ向けた変革の流れの中において、山羊座が象徴する変革されるべき古い社会体制に対して、蟹座が象徴する民衆政治が対向して浄化的作用を発揮するという構図が見えてくるのではないかと感じられています

もうひとつの点としては、新たなる風の時代に相応しい社会の意思形成の手段として、ネットなどを通じた意思形成手段の成熟というものも、今回の選挙において顕著に確認されたかと思います

わたしは一年の流れを、春分図ではなく冬至図の方に重きをおいて見ているのですけれども、昨年の冬至の際に書いた記事を次に引用してみます

以下、「冬至」&山羊座・蟹座1度の満月 ~冬至図と改元との関連性~より引用

太陽が12室にあり、ほぼ4室カスプ上にある天王星とタイトなトラインである辺りは、日本人それぞれが抱いている国家像によい意味で大きな変質があるものかも知れません

日本というのはおそらくその建国以来から、家族主義的なあり方をしてきたのだと思いますし、それは天皇家という権力の象徴としてではない精神的な統合の象徴が存在し続けたことによることにもよるのでしょうし、反対に日本人のメンタリティが反映された結果としてそのような国家体制が成立してきたということなのかも知れません

実際の権力を握っている方の体制というのは、歴史的に考えればさほど長いスパンで同じ形で存在できるものではなく、むしろ常に権力闘争に明け暮れながら、時代と共に変わり続けなければならない性質のものです

通信ネットワークや移動手段の発達などによるボーダーレス化などの影響もありながら、依然として国家体制というのは本質的な部分で新時代からの要請に対してまったく適応できておらず、おそらく国家のあり方というのは、仮想通貨などの存在なども考え合わせれば、近いうちに極めて大きな根本的変質を迫られることになるのでしょう

今後は人類全体を家族と捉えるようなボーダーレスな考え方に明確にシフトしていく可能性も考えられますけれども、日本の今日の冬至図においては12室に太陽があるということを考えれば、ネットなどを媒体として日本人の集合的意識が見えないところで国家的な纏まりを形成していき、実際の政権運営にも多大な影響を与えるようなことも考えられなくもないかも知れません

冬至図で二つ目に気になるのは、11室で射手座10度でピッタリと合している木星と水星なのですが、これなどは11室は地域団体や地方自治体を表しますけれども、ずばりネット社会と解してもいいのでしょうし、そこで水星の表す情報伝達が木星によって大いに盛んになっていることを考えれば、ネット上の市民社会の議論が極めて活発な活動をすると読んでもいいように感じられ、上で見た考察ともピッタリと符合してくる内容として捉えることが可能になります

射手座10度のサビアン・シンボルは「(SAGITTARIUS 10 °): A THEATRICAL REPRESENTATION OF A GOLDEN-HAIRED GODDESS OF OPPORTUNITY. (私訳)出番の金髪の女神の芝居がかった演技」ということで、これは射手座の持つ大袈裟で鷹揚な態度がやや滑稽な形で誇張化されたイメージですけれども、木星にアクティベートされた言論コミュニケーションがかなり白熱して世間を騒がせることにつながりそうなイメージを連想させます

2018年12月22日

昨年の末に今年日本の社会で起こりうる流れとして、「日本の今日の冬至図においては12室に太陽があるということを考えれば、ネットなどを媒体として日本人の集合的意識が見えないところで国家的な纏まりを形成していき、実際の政権運営にも多大な影響を与えるようなことも考えられなくもないかも知れません」「ネット上の市民社会の議論が極めて活発な活動をする」などと予測をしていましたが、今回台頭してきたポピュリズム政党と呼ばれる政治集団の活動手段というのは、正しくネット上に形成された市民社会と呼びうる存在なのであったのではないでしょうか

こうした流れといいますのは、2020年暮れのグレートコンジャクション以降の風の時代の世の中のあり様といったものと密接につながっていることは間違いありません

また、引用の冒頭部分の「太陽が12室にあり、ほぼ4室カスプ上にある天王星とタイトなトラインである辺りは、日本人それぞれが抱いている国家像によい意味で大きな変質がある」としたところにも、最近の日本の対外的態度の変容へとつながっている部分であるように感じられるところです

まとめとしましては、今回の参議院選挙結果に顕著に表れました、去りゆく地の時代を代表する旧社会体制に対して、蟹座的な民衆が主体となった勢力が台頭して浄化していくという流れの今後について考えて見たいと思います

今回の流れが蟹座で生じた日食の影響を完全に受けたものと仮定した場合、今年の年末と来年の6月に起きる日食というものが、時代の大きな節目を形成する影響力を発揮してくる可能性が高いものと感じられます

今年の年末の山羊座での日食は、山羊座への惑星の大集合の下で起こりますので、相当に強力な影響力を発揮するものと感じられますし、来年6月には蟹座の1度という、これまた非常に重要なポイントでの日食となりますので、そこを契機として、いよいよ民衆の力が表立って顕在化してくるのではないかと感じられるところです

要するに、今回の選挙で台頭したポピュリズムが、引き続き大きなうねりとして世の中を突き動かしていくことになるだろうということです

ちなみに、選挙前に記していた日食の記事を読み返してみますと、選挙結果と関連しそうな記述をしていた部分もありましたので引用しておきます

「7月3日の新月と皆既日食」より引用

今度の日食(新月)が起こる蟹座の11度のサビアン・シンボルは次のようなものです

( CANCER 11 ° ) : A CLOWN CARICATURING WELL-KNOW PERSONALITIES.
(私訳):ピエロがよく知られた人物の物まねをする。

ここで最も注意を向けなければならないポイントというのは、蟹座特有の同化能力の発揮です

蟹座というのは家族的集団であり、個人レベルで志を等しくする者たちが一つの船に乗り込むようなものです

ここでは異質性が排除されて、同質性の追求による結束の強化が試みられることになります

また、集団の外にいる他者に対しても、水の活動サインである蟹座は、水の持つ集合的性質を積極的に発揮して、感情機能を用いて他者に同化する形で親近感を演出する形でアプローチするでしょう

この蟹座11度のシンボル・イメージは、家族的集団の中に生きる蟹座が、一歩外へ出て新たな仲間を引き入れるために行う積極的なアクションの一面かも知れません

シンボルでピエロが行っている物まねという行為は、正しく相手と自分との同質化を図る行為に他ならないということであり、蟹座の持つ特質の一側面の表れです

11という数霊は、タロットの大アルカナ(マルセイユ版)で言えば「力」です

これは1から10という最初のサイクルを終えた後に再出発する段階を示すものですけれども、それは明確な意志を伴った自覚的な再出発であり、心を奮い起こして自らの中にある恐れを克服しつつ、一歩外の世界へと踏み出す姿です

蟹座の11度において示される道化は、ある意味では素の自分に仮面をつけた姿という一面もあるのかも知れませんけれども、ともかく、自分自身のホームから一歩外へ踏み出して家族的集団の外にいる人々へのアプローチを試みて集団拡大への意欲を示している段階ではないでしょうか

如何でしょうか?

つまり、蟹座が同志を求めて積極的に自己拡大を求めるアクションを起こすということに触れており、それは正しく、大衆扇動的なポピュリズムのあり方というものを彷彿と予見させるものではなかったでしょうか

この日食の翌日が選挙の公示日であった辺りに、実に興味深いものを感じるところです

蟹座とポピュリズム~参院選挙結果と来年の重大な天体イベントとの関連性” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です