アーシング・グッズの自作で自律神経の不調が一気に解消!

電磁波の影響で身体が常時帯電していることが最近のコンディション悪化の原因ではないかと一昨日気づきましたので、昨日、早速アーシング・グッズを自作してみました

また、自宅のアースがきちんと地中までつながってアースされているかという基本的な確認の必要性もあり、Amazonで身体電圧測定キットも購入しました

わたしが購入したキットは3,680円のものでしたが、どうやら品切れとなってしまったようなので、同じ製品の別キットにつきまして、参考までに貼り付けておきます

 

アーシング・グッズと言いましても、コンセントのアース線に、段ボールを芯にしてアルミホイルを巻き付けただけのものを繋いだだけで、特別な材料も技術もまったく要しません

下敷きくらいのものは素足を載せておく用、カードサイズのものはズボンの隙間からパンツの中に入れて身体に密着させておくもの用に作りました

今日、測定器が届いて測定してみますと、完全に身体がアースされていることが分かりました
アルミホイルはアース用の導電体として申し分ないものであることが確認できました

100均で売っているマグネット・シートも導電性があるとネット記事で読んだので買って試してみましたが、身体をアースするのに必要な導電性はまったく持ち合わせていないことが分かりました

色々なものを測定して分かったことは、下の写真のように古い端子のiPadやiPodは、新しい端子の製品に比較して2倍以上も身体電圧を高めてしまうということや、ガジェットの充電用に家中のコンセントに差してある充電用コードに触れると、とても高い電圧が身体に掛かり、それらのすべてが静電気として身体に帯電され、著しいストレスとなるということでした

 

PCのキーボードやマウスに触れていると5ボルト程度の電圧が身体に掛かりますが、昨日から完全にアースをして身体の電圧を抜いてほぼゼロにした状態で作業をしています

すると、これまで感じていた様々な不調が、決して誇張ではなく、何と100分の1くらいに激減してしまいました

これまではPC前で作業を始めると、すぐに目の奥が痛くなって辛かったのですが、今日は何時間もPCの前に坐っていますが、これまでのような目の痛みや疲れはまったく感じません

わたしがPCで頻繁に作業するようになったのは、今年の2月くらいからでしたが、3月には早くも自律神経の失調が目立ち、4月以降は胸が締め付けられるような動悸や息苦しさ、加えてまともな睡眠がほとんどとれない状態になっていました

今の孤独な脱サラ生活環境において、自分はすっかり心身の具合を悪くしたのかと感じ、最近では本当に鬱になるのではないかと感じられるほど心身の不調が募っていました

ところが、寝室と居間と書斎のすべてのアースからコードを引いて、それらに段ボールにアルミホイルで覆ったものを接続して、それにずっと触れているだけで、散々苦しんでいた症状が嘘のように一気に消え去ってしまったのです

電磁波のことは、あまり気にしすぎても精神的によくないだろうと思って軽視していたのですが、まさか電磁波の影響で鬱寸前の心身の不調に悩まされることになるとは、まったく侮っていたところです

もし、頻繁に素足で砂浜を歩くビーチ・アーシングをしていなかったら、と考えますと空恐ろしいように感じられるところです

あと、リビングでテレビを観ながら寛いでいる時に、いつも充電用のコードの上に不用意に乗っかっていたのも、徒に身体にストレスを蓄積させる愚かな行為だったと、あらためて自覚しました

それから、ガジェット類は電源コードに接続したまま使いますと、その分だけ余計に高い電圧を身体に生じさせますので、必ず電源コードを外してから使用するようにした方がよいです

と言っても、古いものはバッテリーがすぐに上がってしまうのでどうしても電源コードに差したまま使い勝ちになります
わたしは何年間もそうした状態で古いiPodのイヤフォンからヘミシンクなどを聴きながら入眠していましたので、これでは寝ながら積極的に自分に蓄電していたようなもので、大変愚かしいことをしていたものだと思います

ウチのテレビは60型と大型なのですが、新しい家電はそれなりに電磁波対策が進んでいるようで、思ったほどには電圧が上がらなかったのですが、家の中で一番気をつけなくてはいけないのは、まずはPCなどで長時間作業をする場合と、あとはコンセントに繋がった家電品やコード類に不用意に身体を接触させないことがもっと重要と感じます

以上、電磁波の影響で廃人になりかかり、数百円の自作グッズで見事に生還できた、というお話でした

皆様におかれましても、くれぐれもお気をつけいただけたらと思います(^^)

アーシングの大切さ ~電磁波による帯電被害の緩和~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です