8月15日の満月 ~超強力な願望成就力~

今月の満月を迎える15日はと言いますと、最近このブログでも二度三度と取り上げているN国党党首の立花孝志氏の誕生日でもあります

やはり時の人と言うべきなのでしょうか、最近の天体の動きと密接にリンクしているのかも知れません

今回の満月は太陽が獅子座の23度、それに正対する月が水瓶座23度にて生じます

先の立花氏の出生図におきましては、出生時間が不明ながら太陽は1日に1度しか動きませんので、出生時間によって獅子座の22度か23度のどちらかということになります(参考:「NHKをぶっ壊す!の人 ~立花孝志氏のホロスコープ~」

出生時間が不明であっても、出生の太陽の度数はある度数とその次の度数のどちらかの二択となります

そして、連続する度数の二択ということであれば、偶数か奇数のどちらかということになりますけれども、出生太陽の度数が偶数の場合と奇数の場合とでは、比較的大きな印象の違いが出るように考えられます

立花氏につきましては、わたしは獅子座の22度と推定していたところですけれども、メディアを通じて最近見知ったばかりの方の印象について正確に判断を下すことは、正直に言いますとハードルが高い部分があります

ということで、立花氏は獅子座の23度である可能性もあり、もしそうだとしますと、同氏はソーラー・リターンとほぼ同時にご自分の出生太陽の度数に関わる満月も迎えることになりますので、相当のラッキー・ボーイであるということになりそうです

 

さて、今回の満月に関わるサビアンシンボルは次のとおりです
(※シンボルの出典:「AN ASTROLOGICAL MANDALA」byDane Rudhyar)

(LEO 23 °): IN A CIRCUS THE BAREBACK RIDER DISPLAYS HER DANGEROUS SKILL.
(私訳):サーカスの裸馬乗りが危険な技を披露する。

(AQUARIUS 23 °): A BIG BEAR SITTING DOWN AND WAVING ALL ITS PAWS.
(私訳):大きな熊が腰を下ろして両手足を振っている。

獅子座23度におきましては、獅子座の自己表現力が、最早アクロバティックと言える程の巧みさで強烈なインパクトを与え、表現者としての圧倒的パフォーマンス力を発揮しています

立花氏のキャラクターから考えますと、この度数も中々似つかわしいものとして感じられるものです

水瓶座23度では、熊というのは本来的には力や権力といった存在を象徴しているものと感じられ、その権力に対しては何かと反抗的な態度をとるのが常である水瓶座ですけれども、ここではその持ち前の革命的な力によって権力を無力化してしまい、最早ペットの様な状態としてしまっていると感じられる情景です

双方ともに、常識を越えるレベルまでにそれぞれの理想を高い次元において実現している姿であるというように感じられるところです

従って、この火と風の不動サインの23度の軸といいますのは、通常では成し遂げ難い願望の実現に至ることを可能とする力として感じ取ることができます

それに加えてこの満月に際して、金星が太陽とオーブなしに獅子座23度にて合しています

人生におきましては、例えば将来に高いステータスを得て安定した豊かな生活を送りたい、そのために今は勉学に一生懸命励みたいという欲求がひとつあり、その一方では、若い今のうちに勉強なんかよりも恋愛や遊んだりしていたい、というように異なる欲求が矛盾した形で同居していたりするものです

しかし、太陽と金星がぴったり合わさっている状態にあるということは、自分の意志と願望の方向性にまったくブレが生じないこととなり、自分の中に相互に矛盾してぶつかり合うような欲求が生じない、ということになります

そうなれば、願望の実現というのは当然のことながら、障害を受けることなくスムースに達成されやすくなるでしょう

しかもその度数が先に説明したような獅子座23度にあるとともに、そもそも願望の成就・達成に関わりのある満月を迎えている訳ですから、ここで発揮される願望成就の力というのは半端なく強烈なものと考えても好さそうに感じられます

更に加えまして、金星が表す願望を獲得する力である火星もまた、獅子座29度という6度しか離れない位置にいて、太陽と金星が抱く意志と願望の達成・成就に加勢してくれそうな位置取りをしています

ということで、今回の満月には非常に強力な、常識を越えるレベルで目標の達成や願望の成就をもたらすような力を秘められているやもしれず、この満月に際しましては、自分の実現したい高い理想というものを、必ず実現するのだと信念を固くして臨むのがよいかも知れません

もし、立花党首の出生太陽が獅子座23度にあるのだとすれば、そこで迎えるソーラー・リターンは、向こう一年間のとんでもない強運を保障してくれそうです

以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です