浜辺美波さんのホロスコープ ~乙女座の人~

はじめに

今年は年の初めから季節感がおかしかったことに加えまして、コロナ禍で外出機会も随分と少なくなり、また、季節の風物詩としてのお祭りも多くが取りやめにされていることなどから、しみじみと季節を感じることの少ない一年となっています

秋分も近づいてはいますけれども、残り少ない乙女座の季節に心を寄せてみようと、今日は女優の浜辺美波さんを取り上げてみることにしました

実はこの方のことをきちんと認識したのは、つい先日、おそらく何度目かの地上波放送なのでしょうけれども、映画「君の膵臓をたべたい」を偶々見かけて、浜辺さんの魅力に惹きつけられて目が離せなくなり、最後まで見てしまったことが切っ掛けでした

ルックスの可愛らしさだけではなく、その演技力も非常に魅力的でしたし、世間擦れしていない清楚で透明感のある印象には人としての品の良さが感じられ、広い世代から愛される資質をお持ちの方と感じられます

出生時間は不明なのでさほど細かくは見れないのですけれども、2000年8月29日石川県のお生まれということで出生図を出してみますと、かなり特徴的なものでしたので非常に興味をそそられました

濃密な乙女座的資質

月は出生時間によって獅子座あるいは乙女座となりますけれども、太陽と水星と金星というパーソナルな天体が乙女座ということで、この方の個人的な資質というのはかなり濃厚な乙女座色を帯びています

乙女座は英語ではVirgoとなりますけれども、これは辞書に拠ればラテン語のVirginの意とされ、別名処女宮とも言いますね

個人的には性的に成熟する前の少女や、異性との関わりにおいて発揮される部分ではない純粋な女性性という印象で感じられます

その他には、控え目で慎ましやか、生真面目で繊細、また手先の器用さといったことも乙女座的な特徴と言えるでしょうか

わたしはこの乙女座を少女として捉え、その対としての双子座の少年性というものをよく対比的に考えます

乙女座と双子座は共に水星を支配星としますけれども、それぞれ90度のスクエアの関係性を持っています

つまり水星の陰の女性性部分を表すものとしての乙女座、水星の陽の男性性部分を表すものとしての双子座、というような捉え方もできなくはないわけです

双子座は冒険好きで好奇心の塊であり、注意が一カ所に落ち着いて居らず、すぐにアウトドアに飛び出していくような性質です

乙女座はその反対に、インドアで行うような読書や手芸や装飾品をなどを好み、意識を狭いところに集中させるのが得意です

少年と少女というのは互いに反発するような存在でありながら、とても気になる存在同士でもあり、その辺には90度のスクエアの位置関係がよく表れているのではないでしょうか

緊張と反発

そして、浜辺美波さんの出生図の特徴としましては、主立ったパーソナルな天体が乙女座に集まる一方で、土星と木星というソーシャルな天体が双子座に集まっているという点があります

乙女座と双子座というスクエアの緊張関係に加えまして、私的天体と公的天体の間にある緊張状態というものもここでは重なってくることになります

特に土星は双子座の最初の度数にありますので、浜辺さんにとっての土星的要素と言いますのは、極めて強い形で双子座的な要素に対するコンプレックス意識をもたらすでしょう

しかしながら木星も同じく双子座にありますので、土星のもたらす強力なコンプレックスをバネにして双子座的要素に果敢に挑んでいく時には、それを助長してくれる庇護的な力もまた強くもたらされることになります

人間というのはコンプレックスの克服の為に生きているようなところがありますけれども、土星の試練に対する木星の庇護が同じサイン内で得られるのであれば、その人は天職が得られやすいということを意味するのではないか、というように個人的には感じているところです

浜辺さんの女優としての資質を金星が表すと考えれば、乙女座の金星というのも女優という職業に対する職務専念性というものを保証してくれているでしょう

乙女座にはそのような誠実で一途な側面があります

また乙女座という本来のサインにある水星は、読解力や理解力というものを極めて強力に保証してくれますので、そういうところに役者としての演技の基礎的な資質が大いにあると感じられます

太陽と水星の双方が乙女座にあるということは、自分の考えを非常にしっかりと持てる資質というように感じられますけれども、その反面として視野が狭くなり勝ちな側面というのもあり得るので、周囲との認識のズレなどが生じ勝ちであったりするかも知れません

代表的なアスペクト

太陽と水星を頂点とする冥王星と木星によるT字スクエアも出生図の中の大きな特徴ですけれども、この緊張に満ちた配置は、常に違ったことにチャレンジし続けられるような資質として感じられます

私的生活はともかくとして、仕事を通じた社会的活動面においては、常に斬新な新しい試みに挑戦していきたい、という強い向上心をもたらしているのではないでしょうか

スクエアがもたらす緊張とそれに対する反発というものが、絶えず人生を躍動的に展開させる力となって発揮されることになるでしょう

もしこのような配置がなければ女優の世界に足を踏み出すような大胆な人生展開とはならなかったでしょうけれども、とくに最近ではこのようなスクエア的な配置がもたらすギャップ感というものを持たない方というのは、タレントとして活躍し辛い時代であると感じられます

また、土星の太陽に対するスクエアというのは、この方の場合は適切な躾が得られる環境として作用し、自分の我というものをきちんと抑制してコントロールできる力となっているように感じられます

それによってものごとに対して冷静でいられる忍耐力を持っており、平静な心で周囲を落ち着いて観察することができるかも知れません

獅子座の火星と水瓶座の天王星のオポジションも非常にタイトなものでかなりこの方の特徴を表すことになるでしょう

演技における表現力という点に関しては、この獅子座火星というのは自己表現力の巧みさという点で非常に役者向きな配置であると言えます

特に、それが水瓶座という本来のサインに位置する天王星によって強烈な刺激を受ける結果として、凡庸な表現よりも際だった個性的で斬新な表現、時にエキセントリックな表現に対する強い衝動をもたらすことになるでしょう

そうしたところはフィクションの非現実的な世界観が似合うような要素として考えられますけれども、アニメの実写化である映画「賭ケグルイ」の主人公である蛇喰夢子の賭けに狂気的に打ち興じる姿というのは、浜辺さんのそうした資質をいたく満足させることになったのではないでしょうか

この作品の2作目の製作発表がつい先日あったところですけれども、浜辺さんのこの火星と天王星の配置によってもたらされる演技力が、より研ぎ澄まされた形で大いに発揮されることが非常に楽しみに感じられるところです

最後に女性としての浜辺さんについても少しだけ言及してみますと、乙女座の金星に土星が120度のトラインであることからすれば、乙女座的な控え目な要素にさらに抑制的な要素が加わりますので、恋愛に対してはかなり慎重な態度をお持ちかも知れませんし、あまり派手さのあるような恋愛はお好きではなく、地味だけれども落ち着いた堅実な雰囲気のお相手というのがお似合いかも知れません

また、拝見していて気になりましたのは、この方は少しグラウンディングを意識された方がいいんじゃないかな、ということでした

自然と親しむ機会や、ヨガやストレッチなどで意識を身体に向けることを習慣化することによって、乙女座的な少し神経質な部分によって意識と肉体との間でズレが生じてきやすい部分というのを調整することができ、快適な生活が送れるのではないかと思われます

まだまだお若くて、ホロスコープ的にもこれから大いに開拓の余地がある方ですけれども、生まれついての女優さんという雰囲気をお持ちの希有な存在と感じられますので、これからの活躍が大いに楽しみなところです

最後に

ということで、ごく簡単にざっとですけれども浜辺美波さんのホロスコープを見てみました

エレメントのばらつきなど、もっと色々と掘り下げられる部分はありますけれども、3日ほど発熱で何も出来ずにいて、まだ消耗した体力が戻らない状態なので、ちょっと疲れてきてしまいました

以上、今日は息抜き的に少し楽しい話題に触れることにしてみた次第です

6+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です